エクスパンシス




2013年11月15日

Nexus5+スマホ電話SIM

この組み合わせがこれから流行りそうな感じがしたので調べてみた。

周波数の話がメインですが、自分もあまり詳しくないので、間違っているところが多々あるかもしれない。
正しい情報が知りたい人は自分で調べて、後で教えてくださいw


Nexus5はSIMフリー端末だけど北米版と日本版の2種類あって、対応する周波数が違っている。

・LG-D820 (北米向け)
GSM(850/900/1800/1900MHz)
CDMA(BC:0/1/10)
WCDMA(Band:1/2/4/5/6/8/19)
4GLTE(Band:1/2/4/5/17/19/25/26/41)

・LG-D821 (日本及びその他の地域)
GSM(850/900/1800/1900MHz)
WCDMA(Band:1/2/4/5/6/8)
4GLTE(Band:1/3/5/7/8/20)

日本で買えるのは「LG-D821」らしい。

MVNOのbmobileはドコモの電波を使っている。

ドコモが使っているバンドは 1(2100Mhz)と19(800Mhz)
ほかにもあるのかも知れないけど、主なのはこの2つだと思う。

日本版のNexus5「LG-D821」はバンド19に対応していないので、バンド1を使うことになる。
プラチナバンドの800Mhzは使えなさそう。

(ソフトバンクで使う場合は問題なさそう。1,3,8が使える。)

じゃあ北米版の「LG-D820」を購入すればいいってなるけど、海外のGooglePlayStoreから日本に発送してもらうことは出来ないみたい。入手困難。

スマホ電話simでNexus5を使うと、プラチナバンドが使えず、つながりにくいってことなんだろうか?

しかし、iPhone4s+GPP+スマホ電話simでは、800Mhzなんて対応してないはずだけど普通に使えている。

まあ通話はほとんど使ってないからつながりにくいのかどうかなんて、よくはわからないけど、それぐらいのレベルでは使えるということか。

Nexus5以外に適当な端末がないか調べてみたけど、Galaxyの一部を除いて800Mhzに対応しているSIMフリー端末ってほとんどないことがわかった(Expansys調べw)。
SIMロックかけてる地域に配慮してということなんだろうか。
Xperiaもドコモで売ってるやつと海外のやつでは周波数違うし
Sonyにかぎらず、どこのメーカーもドコモやソフトバンクに端末提供してるもんな

bmobileは以前、SIMフリーの海外版iPhoneをどっかと提携して販売してたと思うけど、あんな感じで北米版のNexus5を販売してほしいな。

これから日本の周波数(特にMVNO)にマッチした端末がたくさん出てくることに期待する。

- 追記 -

あとでいろいろ調べてみたんだけど
iPhone4sでフィールドテストとやらをみてみると、Downlink:1037 UpLink:812とでているので、iPhone4sではWCDMA800Mhz帯をつかんでいるっぽい。
(ちなみに 「au版iPhone4s+GPP+iijmio」で確認。「sb版iPhone4s+GPP+スマホ電話sim」は今日の夜にでも家内の携帯を確認します。)

wikiの「iPhone」ページだとわからなかったけど「iPhone4s」ページの右サイドには
「クワッドバンド UMTS/HSDPA/HSUPA(800 850 900 1,900 2,100(英語版)MHz) 」と書いてあった。

つまりiPhone4sでは800Mhzを使って快適に使えてるってこと?
だとするとNexus5はどうなのか。非常に気になる。



posted by mro at 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/380255528
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。