エクスパンシス




2010年09月18日

自作 iRigの作り方 その2

自作 iRigの作り方 その1の続き

さて、ここからが本題ですね。

まず最初に書いておきますが、私は本当に電気について素人で
全然見当はずれなことをしているかもしれません。
この記事に関して質問を受けても答えられませんし(マジでわからんので)
責任もとれません。参考にされる場合、自己責任でお願いします


またまたデジットさんを訪れ、購入したのが以下のパーツ。 値段はFET以下は正しくないかも

irig004.png MUSEコンデンサ BIPOLAR 16V 47μF
MUSE condenser BIPOLAR 16V 47μF
×1@40¥40
irig007.png MUSEコンデンサ 50V 10μF
MUSE condenser 50V 10μF
×2@25¥50
irig006.png フィルムコンデンサ 50V 0.1μF
film condenser
×1@30¥30
2.54mm pitch universal circuit board 基盤 サンハヤト ユニバーサル基板
2.54mm pitch universal circuit board
×1@105¥105
irig002.png 金属皮膜抵抗 1/4W 1% 1M
Metal film resistance 1/4W 1% 1M
×2@10¥20
金属皮膜抵抗 1/4W 1% 10KΩ
Metal film resistance 1/4W 1% 10KΩ
×2@10¥20
金属皮膜抵抗 1/4W 1% 100KΩ
Metal film resistance 1/4W 1% 100KΩ
×1@10¥10
irig008.png 3芯ケーブル1m@130¥130
3.5φ4極ピンプラグ×1@150¥150
iRig003.jpg
ケース
case
×1@147¥147
コードブッシュ コードブッシュ×1@20¥20
irig003.png FET 2SK170GR
FET Transistor
×2@55¥110
iRig004.jpg 3極ピンジャック
three pole pin jack
×1@94¥94
iRig005.jpg 6.2φモノラルピンジャック
6.2φ mono jack
×1@55¥55
合計¥981

回路図ではWIMA/MKS4というのが使われていますが、在庫が無かったので
上記 フィルムコンデンサを使用。(もちろんデジットさんの教えです。)

作成にあたり使ったものは、

  • ドリル、リーマー
  • テスター
  • はんだごて
  • 万力
  • はさみ
  • ニッパー
  • ラジオペンチ

これらが家にあったので、買わずにすんだ。
テスターは必要だと思います。
テスターなんて難しそうなもの使えないという方、私もそうです。
私が使う機能は通電チェックだけです。これしか分かりません。
コードの頭と、おしりを、テスターの針でさし、なんか数字が出れば、「お、つながってるな」と、それだけです。
しかし、これが無いと、ちゃんとつながってるか確認出来ないし
ピン端子の先はどのコードにつながっているかも確認出来ないので不便です。

リーマーも普通の人はあまり持ってないと思います。穴を広げる為に使うやつです。

万力はダイソーで200円か300円で(100円でした)売ってたやつです。これもあると便利。


回路図はこちら たーさんのブログ → ギターをiPhoneに直接繋ぐプリアンプ(iRig的な)の作り方


さてさて

まずは基盤をケースに入る大きさに切ります。
カッターで深めに切れ目を入れて、パキッと折る感じです。
わりともろいので気をつけて作業する。

iRig006.jpg iRig007.jpg
次に、実際どんな感じになるのかを確かめるため、パーツを乗せてみた。
これぐらい小さく出来ればOKでしょう。

iRig008.jpg
で、いざはんだ付け。一回やってるだけあって、わりとスムーズに進む。

iRig009.jpg それなりに器用なほうだと思ってたけど、はんだ付け部分汚いなw

配線は、不要な足の部分を切らずに曲げてつなげたり、切り取ったあまりを使ったり、
かなり適当に行いました。

コードやピンジャックに接続するためのコードもつけました。

iRig010.jpg
コードやピンジャックなども接続して、ほぼ完成。
iPhone側の4極ピンプラグのはんだ付けが、すごく難しかったです。
長さや、位置、つける順番など、ちゃんと考えてから行わないと、失敗しそう。
すごく慎重にやったけど、結局LとRは間違って逆につないでしまったw
やり直しは不可能なので、ヘッドホン出力のジャックを逆に接続して対応。

iRig011.jpg
最終的にケースにはめ込んだのがこれ

IMG_0405.jpg
かなりキツキツです。ICを倒さないと蓋が閉まらない状態。
なんとか閉まったので良かった。

これで完成です。前のより細くなってスマートな感じになりました(自画自賛w)
ちゃんと動作もしますよ。
iPhoneに刺すジャックが大きくて、iPhone保護ケースつけたままだと装着できなかったけど
ケース側を削って対応。

iRig012.jpg iRig013.jpg iRig014.jpg
iRig_0416.jpg iRig_0438.jpg iRig_0439.jpg

最初に作ったやつより、だいぶコンパクトになりました。

これでiRig買わなくて良くなって、AmpliTbeのFull版を躊躇なく購入できました。

たーさん と デジットさんに 感謝です。

最後に
一回目に作ったとき、うまくいかないことが何度かありました。そのときは以下のような現象になりました。
  • iPhoneに刺しても認識しない。認識すると、1,2秒、考え中のぐるぐるが回ります。ギターやヘッドホンをつなげていなくても認識はするので 、これが出ないときはうまくいってないかも。
  • 音量レベルが低い。アンプにつないでボリュームを大きくすると、やっと聞こえる。音量上げてるからノイズもすごい。 正しく出来ていればギター直刺したときと同じぐらいの音量がでます。
  • 音量レベルが、Amplitubeのデモ演奏に比べて、かなり小さい。これもおかしいです。同じぐらいの音がでますよ。
・ これらの現象が出るときは、配線を確認した方がいいです。

自作 iRigの作り方 その1
自作 iRigの作り方 その3
iRigの製品版はこちら
IK Multimedia iRig IPIRIGPLGINIK Multimedia iRig IPIRIGPLGIN


posted by mro at 00:56 | Comment(9) | TrackBack(0) | ギター
この記事へのコメント
初めまして。
最近、エレキギターをやり始めて、エフェクターが欲しいというときに、知人にiRigがいいよと勧められ、iRigを買おうと思っていたんですがこの記事を見てiRigを作ろうと思いました。
しかし、回路図などの知識がないので、まったくわかりません。
なので、出来れば教えて欲しいんですが、twitterなどをやってるならそちらで教えていただきたいです。
名前はharknrです。
よろしくお願いします。
Posted by harknr at 2010年10月06日 17:37
こんにちは。記事の頭にも書いてますが..残念ながら、私自身全然詳しくなく、質問に答えるほどの知識はありません。全然わからないけど、とにかくチャレンジしてみるか、無理っぽいならiRigを買うことをおすすめします。Twitterは性に合わないので、やってないんですw。
Posted by at 2010年10月06日 18:20
作ろうと頑張っているのですが...コードの繋ぎ方などが全く分からないのですが、詳しく教えていただけませんか?
Posted by Asd at 2011年02月08日 01:12
すいません。人に教えるほど詳しくありませんので、勘弁してください。

ちゃんと理解されている方に聞いてもらった方がいいと思います。

もう少し写真を増やそうかなとは思っています。
Posted by at 2011年02月09日 17:18
すいません、念のため確認なんですが、画像にある3極ピンジャックと4極ピンプラグ逆ですよね?ちなみにピンジャックの方は2極ではだめなんですかね?GndはiPhoneにあるのでいいかなーとも思ったのですが
Posted by にの at 2012年01月31日 16:13
ああ、すいません。後半部分は無視してください。ステレオジャックにもGndはありますよね・・・
Posted by にの at 2012年01月31日 16:17
逆ですね..他にもミスってるとこ見つかったし..
また直しておきます。
ご指摘ありがとうございました。
Posted by at 2012年01月31日 19:28
ありゃ〜
電子工作の素人的な出来になってますね。

そんなに部品を密集させたら、電磁波ノイズは半端無いですよね。
隣接させて良いパーツが感覚的に分からないのであれば、もう少し全体の余裕を...
両面基板とか使うと、コンパクトかつ余裕がでるかもしれませんね。
仕組みは大したことも無いのですが、ノイズがものを言う世界ですので。
Posted by GarageBand for fan at 2013年02月15日 16:19
コメントありがとうございます。
隣接させて良いパーツが感覚的にわかる...そんなかっこいいワザを身に付けたいですw電子工作は下手なりに楽しいので、教えてくれる詳しい人が身近にいればいいんですけどね。
Posted by at 2013年02月15日 16:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。