エクスパンシス




2013年04月17日

iPhone4sのsimトレイが出なくなった。

知人にGPP+bmobile simの話をしたら、それはいい!と言うことで
GPP+スマホ電話simの実験をすることになり、問題無く使えることは確認できた。

そして本来の目的物である知人のiPhone4sにセットしたら、トラブル発生。
SIMトレイが開かなくなってしまった。

どんなにピンを押しても全然出てこない。側面はフラットなまま。
付属の取り出しピンが曲がってしまったぐらい強く押したけど、まったく出てくる様子なし。
何か引っかかってしまっているのだろうか。

クリップを曲げたもので引っ張ってみたら、先が少し出てきたので

clip001.jpg
clip002.jpg

傷つかないようにマイナスドライバーでこじってみたら、なんとか引っ張り出せた。

今回、価格の安いGPPを購入したので、それが原因かと思い、自分のGPPを刺してみたが、これもおなじく、取り出せない状態になった、

またまた苦労して取り出して、今度は純正のトレイを差し込んでみた。

え!?...とれない。

純正トレイも取り出しできないという、まさかの状態。
当然GPPを刺す前は純正のトレイがはまっていて、最初に取り出すときは簡単に取り出せたのに


GPPを取り出そうと、かなりきつく押したので、simトレイ格納部分を壊してしまったのかも...

使える状態まで設定できれば、取り出すことはないので、別にかまわないと知人はいってくれたが、かなり申し訳ないことをしてしまった。
部品交換で直るのであれば、なおしたほうがいいに決まっているが、SIMトレイはどうもメインの基盤にくっついているようなので、交換となるとかなり高くつきそうな気がする。

とりあえずダメモトで、純正のトレイを付けた状態で、心斎橋のAPPLE STOREに持って行き、みてもらうことにした。


AppleStoreでは、入り口でジーニアスな人が出迎えてくれた。

「SIMトレイが開かなくなって..」「SIMを取り出したいのですか?」
「いや、いまは外してる状態なので..」「SIMを入れたいのですね?」
「いや、そうなんですけど、開かなくなってしまったので..」「ちょっと、いいですか」

ジーニアスがiPhoneのカバーを外して、携帯している取り出しピンで押す。

パカ

この間10秒。

えええええ!?!?

「割と強めに押さないとだめですよ。」
「?????...壊れてないのですか」
「ええ、壊れてません」
「ちょっとピン貸してもらって良いですか?」
「どうぞ」

パカ

「...お騒がせしました。」


かるいパニック状態のまま、知人宅に戻り、試したところ、ここでもすんなり開いた。
どうも、壊してしまったと思い込んでビビッてしまい、純正トレイを取り出す時も、自然と力が抜けて、弱い力で押していたようだ。

ただし、GPPをセットしたときは、やはり開かないようだ。

とにかく、SIMトレイがはまるところは壊れていないようなので、ほっとした。

また、知人がSIMを購入したときに、SIMの出し入れをしないといけないので、そのときにヤスリを持って行って、スマホ電話simを軽く削ってみようと思う。

今回、購入したGPPは1000円以下のもの。
別件でいろいろ問題が起きたが、使用上は特に問題なかった。

posted by mro at 15:59 | Comment(12) | TrackBack(0) | ガジェット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。